ペットの健康を守るにはノミ駆除がおすすめ|業者に依頼するメリット

害獣駆除を自分でする方法

作業員

最近、屋根裏から音がするという人はもしかすると害獣が住み着いているかもしれません。害獣をそのまま放っておくと、家に様々な悪影響を及ぼす可能性があります。屋根裏に住み着いているハクビシンやネズミなどの害獣は糞尿をまき散らし、それが天井などにシミをつくることがあります。衛生的にも良くないですし、家の木材が腐食して強度が弱まってしまうことにつながります。害獣被害は家の住民の健康にも被害を及ぼすことがあります。ハクビシンやネズミの体には寄生虫や病原体がついており、それを家に運び込まれてしまいます。ノミやダニはアレルギーの原因になることもあるので、健康被害を回避するためにも害獣駆除はすぐに取りかかる必要があります。

害獣の中には鳥獣保護法で守られている動物もいるので、勝手に害獣駆除をすることはできません。しかし、罠などを使って捕獲するなどして動物を傷つけるようなことをしなければ問題ありません。動物が嫌がる臭いを仕掛けることで屋根裏への侵入を防ぐことは可能です。ハクビシンはニンニクや石油の臭いを嫌がるので、その臭いを利用して家の外まで上手く誘導できれば、自分でも害獣駆除することができます。ネズミの場合は鳥獣保護法の対象ではないので、ネズミの通り道に粘着シートを設置したり罠を仕掛けて捕獲することで駆除できます。害獣によって駆除の方法は異なるので、それぞれの害獣にはどんな方法が効果的なのか調べておくと良いでしょう。